GRRシート工法とは?

HOME» GRRシート工法とは? »GRRシート工法とは

GRRシート工法とは?

GRRシート工法とは

「GRRシート工法」とは、所定の厚さを有する砕石地業中に「ジオテキスタイル」を敷設することで、「砕石地業による地表面付近の剛性補強効果」と「シートによる砕石層の変形拘束効果」により、地盤の支持力効果を最大限に発揮することができる最新技術です。
一般的な地盤改良工法と違い、特殊な技術を一切必要としないため、狭小地での利用に優れ、建築物の解体撤去後には、地中埋設物が発生しないというメリットがあります。

「ジオテキスタイルシート」の特徴
・地盤固化材を使用しないため、環境に対する汚染を生じません。
・施工に伴う振動や騒音が小さいため、周囲環境に配慮できます。
・シートの敷設位置が建物基礎の直下にあることから、建設機械の稼働時間が削減されます。
・シートは、「ポリプロピレン100%」のため、建物解体時には焼却処理が可能です。

「GRRシート工法」の特徴
・工程数が少なく、すべて目視で確認できる工法のため、施工管理が確実にできると共に工期が短縮。
・周辺環境に対しての汚染防止、施工時の騒音や振動などの影響を与えません。
・施工において、重機を使用しないため、狭い場所でやアプローチに段差のある敷地でも施工が可能。
・一般的な基礎値入深さ程度で地盤補強が図れるため、文化財埋蔵地等での施工も可能。
・使用する材料の品質が、長期にわたって安定。

GRRシートパンフ
GRRシート工法概要