GRRシート工法

HOME» GRRシート工法 »GRRシート工法とは

GRRシート工法

GRRシート工法とは

GRRシート工法の概要

GRRシート工法は、所定の厚さを有する砕石地業中にジオテキスタイルを敷設することで、砕石地業によ る地表面付近の剛性補強効果とシートによる砕石層の変形拘束効果によって、支持力補強効果を得ることが できる技術です。深層混合処理工法などの杭状地盤補強工法や浅層混合処理工法のように、特殊な施工設備 を一切必要としないため、狭小地での適用に優れています。また、施工後、地中深くに何も残るものがない ため、建築物の解体撤去後に地中埋設物が発生することがありません。さらに、その他の地盤補強工法と異 なり、地業の一環として対応できるので、工事管理の手間が省けるなどのメリットが有ります。


「GRRシート工法」の特徴
・地盤固化材を使用しないため、環境に対する汚染を生じません。
・施工に伴う振動や騒音が小さいため、周囲環境に配慮できます。
・シートの敷設位置が建物基礎の直下にあることから、建設機械の稼働時間が削減されます。
・シートは、「ポリプロピレン100%」のため、建物解体時には焼却処理が可能です。
・すべて目視で確認できる工法のため、施工管理が確実にできると共に工期が短縮。
・周辺環境に対しての汚染防止、施工時の騒音や振動などの影響を与えません。
・施工において重機を使用しないため、狭い場所やアプローチに段差のある敷地でも施工が可能。
・一般的な基礎値入深さ程度で地盤補強が図れるため、文化財埋蔵地等での施工も可能。
・使用する材料の品質が、長期にわたって安定。


地盤調査の結果をもとに、対象とする地盤の性質、地下水位、周辺環境から設計され、軟弱地盤の上に建つ構造物 の沈下量および不同沈下を低減し、将来にわたり安定して構造物を保持することが可能な工法です。

GRRシート工法


施工イメージ

シート補強

シートと固定治具

標準的な仕様

施工手順

こんなときはご相談ください

GRRシート工法開発の趣旨

住宅などの小規模建築物用の地盤補強工法として用いられているセメント系固化材を用いた深層混合処理 工法や、鋼管等を用いた杭状地盤補強工法は、建設時に専用の施工機を必要とし、建築物の解体撤去時には 杭状体の撤去を求められる場合があります。本工法は、このような課題を解消することを目的として開発し た地盤補強工法であり、特殊な施工設備や技能を必要とせず、砕石地業の一環として施工することができる。 また、地表面付近のみの補強であることから、建築物の解体撤去時の撤去作業が非常に容易です。

GRRシート工法の環境対応

GRR シート工法は地盤固化材を使用しないため、敷地のアルカリ化や六価クロム等の危険な物質の発生による地盤 汚染、地下水汚染、河川汚染等の環境に対する汚染を生じません。また既存住宅の建替え時に問題となる、残置され た杭等の処理に係わる撤去費用も発生しません。 施工に伴い発生する振動や騒音が小さいため、周辺環境に配慮した工法です。 シートの敷設位置は建物基礎の直下であることから地盤の掘削量が少なく、建設機械の稼働時間も短いため、施工 中に発生する CO2 も他工法に比較して少量です。 シートは 100%のポリプロピレン製です。建築物の解体時には取り外して燃焼処理することが可能な素材であり、将 来にわたり地球環境に過大な負担を与えることはありません。

2017/11/01