GRRシート工法

HOME» GRRシート工法 »性能証明とは

GRRシート工法

性能証明とは

新しく開発された建築技術の性能を(一財)日本建築総合試験所が第三者の立場から審査し、その技術が保有する性能について、性能証明書を発行するものです。一般化された建築技術を対象としている「性能認証」と異なり、「性能証明」は新規性・独自性のある建築技術を対象としています。

性能証明事業の概要

新しい技術が、要求されている性能を満たしているか否かの判断は容易ではありません。その判断を支援するために、(一財)日本建築総合試験所が独自の事業として開始したのが「建築技術認証・証明事業」です。なお、左記事業は一般化された建築技術を対象としている「性能認証」と、新規性・独自性のある建築技術を対象とした「性能証明」に大別されます(GRRシート工法は「性能証明」取得工法です)。

(一財)日本建築総合試験所が公表している事業目的は以下の通りです。

新しく開発された建築技術の性能を第三者の立場から審査し、その技術が保有する性能について性能証明書を発行することで、新しい技術の開発・普及や確認申請において建築主事等が行う判断の技術的根拠となることを本事業の目的としています。

建築技術性能証明取得工法

(一財)日本建築総合試験

2017/10/18